忍者ブログ
~マンションベランダでの薔薇日記~
[234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DSCN3532.JPG
地域によっては既に1番花が終わった所もあるようですが
うちは遅咲きの薔薇達が何本かあるので
時間差で楽しませてくれています。


DSCN3538.JPG
ザ・プリンスは芍薬のような大きな花を咲かせています。
とっても良い香りです。

昨日は突然スコールのように雨が降ったり変なお天気でした。
ベランダは余程の強風や強い雨でないと
壁際の植木鉢にまでは雨が当たりません。
だから、雨でもお水をあげないとうっかり枯らしてしまう事も。

水をあげたついでにうどんこがまた出だした薔薇を
ご近所の洗濯物が干されて居ない事を確認してから
噴霧器のノズルをジェット噴射にして洗い流しました。
手動なので結構腕の筋肉が鍛えられます。

水鉄砲のように勢いよく噴射された水はアブラムシも吹き飛ばします。
雨の日は階下のお宅に気兼ねなくできるので楽しいです。

先日もお伝えしたように今年はチュウレンジ蜂の被害が皆無。
ニームの回数を増やした以外特に昨年と変わった事はしていないのですが・・・

今朝は黒いチュウレンジらしき虫がベランダでフラフラしてました。
月桃をカップに入れておいたからその匂いのせい?
コバエも沢山溺れているし。
でも、昨年も月桃は置いてあったけどチュウレンジ被害はでました。

最近、ちょっとニームやアグリチンキをさぼり気味。
本来、雨の日は消毒はいけないのでしょうが
今日は薔薇達に雨が当たる程降ってはいないし午後からは
ニームも撒くことにしました。
そうしないともうすぐ新月が近いので・・・

前置きが長くなりましたが・・・
ここから先は虫が嫌いな人は絶対に見ないで下さい。
心臓の弱い方もやめておいた方が宜しいかと思います。
それでも見てみようという方、下のつづきはこちらをクリックして下さい。






【バラ苗】 ザプリンス (低ER赤)  国産苗 大苗 6号鉢植え品 ★ 【イングリッシュローズ】
 

【バラ苗】 ザプリンス (低ER赤)  国産苗 大苗 6号鉢植え品 
★ 【イングリッシュローズ】

価格:3,580円(税込、送料別)




こちらを開けたと言う事は貴方も虫嫌いではない
もしくは嫌いだけど怖いもの見たさとお見受けいたします。
それでは、これから先の写真を見てうなされても
責任は持てませんので悪しからず。



先日薔薇の花を切って家の中に飾ろうとしたら
葉の裏側に変な卵がありました。

DSCN3487.jpg
まるで白いキャビアのようです。
綺麗に並んで産んだものです。
白い卵の中にうっすらと黒い目のような物が・・・

ちょっと鳥肌が立ったのですが昔から昆虫大好き少女だった私は
何の卵かを知りたい衝動を抑えられませんでした。

ネットで調べたら似たような卵が結構出ていますが
どうやらカメムシの卵のようです。
カメムシと言っても色々な種類があるので何のカメムシかは分りませんが
よく洗濯物に茶色くて臭いカメムシがくっついて来ます。
ネットで調べたらマルカメムシと言うそうですが
マルカメムシの卵はこの卵と全く違う形をしています。

写真の卵とそっくりな写真がネットに出ていて
孵化したカメムシはとてもカラフルで模様が入っていました。
どんな子が生まれてくるのか・・・
そこで、孵化した時に虫が飛び散らないようにお茶の葉を入れる袋に
葉ごと入れてベランダで観察する事にしました。


DSCN3531.jpg
3日後の結果です。
かゆい、何だか背中がかゆくなりました。

これがてんとう虫だったらな~でも明らかにカメムシ。
卵はクサギカメムシにそっくりですが生まれてきたのはナガメにそっくり。
でも、ナガメの卵は細長くて色も違うようです。

クサギカメムシは時間が経つとカラフルな模様が無くなるので
もう少し観察したかったけど、流石にこれ以上は無理。

どちらにしてもよく見かけるマルカメムシではありませんでした。
カメムシは臭いし葉の汁などを吸うので害虫です。
袋ごとゴミ袋に入れるのは忍びなかったですが心を鬼にして捨てました。
なむ~


いや~大した事ないじゃないと思った貴方、相当なツワモノですね~
私は暫らくあっちこっちがかゆくなりました。
だったらそんな観測しなきゃいいのに・・・
知りたがりの宿命です。



お口直しに・・・
DSCN3528.JPG
ベッシュボンボンが今までで一番可愛く咲きました♪
お口直しになってない?
桃のお菓子でも駄目ですか・・・


DSCN3536.JPG
シスターエリザベスでどうだ~
ローズ味のドロップって感じの蕾が可愛いでしょ?
これでお許しを~
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
シスターエリザベス
すっごく可愛い房前ですか?
色々ピンクあるけど、何かぐっとくる色目ですね。
可愛いです。
我が家はラフランスがぼちぼちまた咲いてくれていますが、マカロンさんみたく、時間差攻撃はほとんどないからちょっと寂しいかな?
シャルル 2010/06/11(Fri)13:40:15 編集
みてしまった
怖いもの見たさで見てしまいました。
でも凄いですね。
マカロンさんはどうやって処理されてるの?

観察されるとか書いているけど、お箸で移すの?
びっくりです。
でも最後に可愛いお花で癒されました。
シャルル 2010/06/11(Fri)17:03:52 編集
無題
こんばんは~

私も知りたがりなんですねぇ・・・
つづき、開きましたよ~。
卵の画像は私の身体に変化はありませんでしたが、
孵化したカメムシを見たとたん私もかゆくなりまりました↓
いやいや、マカロンさんが昆虫大好き少女だったとは(笑)

ザ・プリンス、ペッシュボンボン、シスターエリザベスに
目がくぎずけになりましたよ~(幸)

そういえばHCの『ギーさま』が咲いていました。
綺麗な赤に控えめな絞りでした。
そこのHCに販売していたのは
『ギーサヴォア』『ラローズドゥモリナール』
『ポールセザンヌ』『シャンテロゼミサト』の4品種。
で、『ギーさま』だけが一本も売れずに残っていました。
素敵な薔薇なのに何で~!?
aki 2010/06/11(Fri)23:56:32 編集
シャルルさんへ
シスターエリザベスは本当に可愛いですよ。
房咲きになるのですが、そうすると花が小さいので
少し取ったりしています。

虫がついた葉をそのままお茶の葉を入れる袋に入れただけですよ。
アブラムシは手でつぶせるけど他の虫は嫌ですね。
マカロン 2010/06/12(Sat)09:12:02 編集
akiさんへ
いやいや失礼いたしました。
自分で撮った写真なのにまたかゆくなりました。

ギー様は今はやりのカップ咲きではないので
一見あまり可愛く見えないのかもしれませんね。
あの深い色は育ててみないとわからないかも~
売れ残ってお安くなったら良いのにね!
マカロン 2010/06/12(Sat)09:14:22 編集
無題
うわ~~!
カメムシ!!!ダメです~~!
東北などはゴキブリよりも深刻なんですよね。
ゴキブリは殺しても何もないけど
カメムシは部屋中臭くなるし・・・
1匹見ただけで大騒ぎしちゃいます。
マカロンさん、その後どうされたんですか?(^^;
ROUGE URL 2010/06/12(Sat)13:56:21 編集
無題
あ、すみません。
捨てたんですね。
私はいつもトイレに流します~
万が一逃げ出したら困るので・・・
ROUGE URL 2010/06/12(Sat)13:57:20 編集
ROUGEさんへ
トイレにですか?!
以前何かの虫を流したら逆流して来た事があったな~(汗)
私はベランダでビニール袋を二重にして捨てました。
収集日の朝、捨てましたからお陀仏です。

横浜はカメムシが多くてびっくりしたんですよ。
引っ越して来た頃は洗濯物にいっぱいくっついてきて
知らないでズボンなんか履いちゃったら臭くて大変でした。
電気めがけてバチバチぶつかるし。
今は随分減りましたが見た事もないカメムシが居るんですね。
でも、カメムシをこよなく愛している人もいるので複雑な気持です。
music♪マカロン 2010/06/13(Sun)23:23:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
貴方の気になる商品
最新CM
[11/13 music♪マカロン]
[11/13 みけ^^]
[08/25 music♪マカロン]
[08/25 kebe]
[08/22 music♪マカロン]
[08/22 ROUGE]
[07/15 music♪マカロン]
[07/14 kebe]
プロフィール
HN:
music♪マカロン
HP:
性別:
女性
職業:
トールペイント講師
趣味:
薔薇・紅茶・トールペイント

Copyright © 花のある生活 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]