忍者ブログ
~マンションベランダでの薔薇日記~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回の地震で被害に合われた皆さんに
心よりお見舞い申し上げます。

1000年に一度の大地震が自分の生きている間に来るなんて
考えてもいませんでした。
自分の住んでいる地域は大丈夫だと心のどこかに
隙がありましたが東海地震がやって来たら
この辺も今回程度では済みません。

80代くらいの老人が「頑張って再建すればいい」と力強く
言っていたのが印象的でした。
東北地方の皆さんが一日も早く普通の生活に戻れる事を
心からお祈りしています。

今回の地震については魔法の筆ティータイムに昨日記事を
書かせて頂きました。
そちらにも載せましたが
微力ながらYahooポイントを募金しました。
一人でも多くの方に募金をお願いできればと思います。
こちらから
あまり構えずに募金出来るので素晴らしいですね。

こんな状況の中、ブログの更新も躊躇しましたが
生命力の強さ、再生への祈願を込めて
地震前から書こうと思い写真を取り貯めていた挿し木の記事を書きます。

DSCN4246.jpg
ロックウールに挿して家の中で越冬した挿し穂に
カルス又は根が出来ていたので土に植え替えました。
あまりに数が多すぎて1つの鉢に数本ずつになりましたが
まだ寒いのでガラスの水槽に水をはって入れています。


DSCN4226.jpg
左下に根が飛び出てきました。
1月末から2月に掛けて剪定した枝なので早いですね。


DSCN4239.jpg
こちらはリクエストの多い「乙女の夢」です。
2月に思いっきり剪定をした挿し穂を
そのままロックウールに挿しておきました。


DSCN4238.jpg
3月の初めにグラグラしていたので抜いてみるとこんな状態でした。
そのままロックウールに戻して土に植えました。
根を痛めるので本来は抜かないでそのまま植えます。
もともと挿し木に向いている品種のようですが
これほど短期間でカルスを形成しているとは思いませんでした。
何とか根を出そうと必死でカルスを形成しているんですね。
一昨年もこのように太目の枝を挿し木しました。(こちら


DSCN4228.jpg
調子に乗ってツル薔薇を剪定した枝も長いまま挿してみました。
こちらはまだカルスを確認していませんが新芽が芽吹いています。

太くて長い枝を挿す利点は成功した時の成長の速さです。
冬場にただ土に挿した時は失敗する事が多いので
ロックウールに挿して暖かい部屋で管理しないと難しいかもしれません。
メネデールを定期的に補給すると根の出方が早まります。


DSCN4252.jpg
こちらは挿し木ではないですがザ・プリンスの新芽です。
数えたら一箇所から6個出ていました。
この様子を見たら少し元気が出たような気がします。

昨年もそうでしたが発酵肥料を撒いてから芽の出方が違います。
このままだと花が咲かなかったり小さくなるので
可哀想ですが良い芽を選んで芽欠きをしました。


DSCN4219.jpg
こんなに先走った子もいます。
名前が解らないオレンジと黄色の絞りミニ薔薇です。


教室を開催している場所も閉館となり無気力に時間を過ごしていましたが
私たちにも何か出来る事はないかと考えてみました。
PCを開くのは1日1回、部屋の電気や暖房は最小限にして
家中のコンセントを抜いて回りました。
地震で家族を失った皆さんの心を慰める術など無いに等しいですが
せめて募金や節電などで協力したいと思っています。

出来る事なら炊き出しに行きたい気持ちですが
ボランティアを受け入れる余裕が無いとの事。
被災地に早く暖かい春が訪れる事をお祈りしています。
 
 
PR

少し早いですが新緑を楽しんでいます。
このピュアな葉、蕾フェチだけでなく新葉フェチでもある
私としては涎がとまりません。

実はこれ、植替えの時に整理した枝をロックウールに
挿したら早速芽吹いたのです。
窓際の日の当たる場所に置いたら素焼き鉢が防寒にもなったらしく
カルスも既に形成されています。

冬になりベランダの薔薇達には頻繁に水をあげなくなったら
8号鉢の土の上に置いていた小さなプラ鉢は乾燥して
折角ついた挿し木苗を数本駄目にしてしまいました。
挿し木コーナー(室外機の上)の子達は発砲スチロールの箱に
入れているので乾燥もせず元気に根付いているのに。

昨年剪定枝で成功した挿し木達はゆっくりですが大きくなり
欲しいと言っていたお宅に貰われて行きました。
今残っているのはミニ薔薇ですが枝代わり等なので咲くのが楽しみ。
これ以上鉢数を増やすまいと思いながら根が出てきた時の
快感が忘れられずついつい挿してしまいます。


DSCN2732.JPG

形が面白くて一番小さいのを2つ買ってしまった素焼きの鉢。
ベランダの場合部屋から見えるように窓の方に向けて置くと
高くなった縁で日が当たらないので玄関向けですね。
多分花も太陽の方に向かって咲いてしまうでしょうし。
でも、ミニ薔薇を植えたら可愛いだろうな~と思うので
時々向きを変えてあげれば良いかと。

DSCN2729.JPG
挿し木苗だけだと彩が寂しいので先日のザ・プリンスを。
無理やり袋をかけて咲かせたのに切花にしたら
ちゃんといつものように咲いてくれました。
なんとも複雑な花びらの重なり具合ですよね。

DSCN2730.JPG
正面からだと平らに見えますが結構厚みもあります。
香りは春には劣りますが一輪でも存在感たっぷり。
ミニ薔薇を除くと今季最後の一輪になると思います。

今日もとても良いお天気ですが布団が干せません。
下の空き地の外壁を壊しブルドーザーが行ったり来たり。
土ぼこりが上がりそうなので洗濯物も室内干し。
まだ始まったばかりなので3月まで憂鬱な日々が続きます。


 

これ8月に挿したんですけど新芽も勢い良く伸びてきました。
成長が早いからばっさり剪定したのをその辺に挿しておいたんです。

とっても病害虫に強くて私のアレルギーを
治したお方と言えば解る人には解って頂けるかと。

これはロックウールにまず挿したらすぐに根が出てきました。
その後ミニ薔薇が植わっていた3号くらいのプラ鉢に培養土を入れて
ロックウールごと植え込んだのですが
下から根が出てしまったので再度6号鉢に植え替えました。

ニューウェーブが我が家にやって来た時と同じ位の
大きさなんですよ~(結局挿し木ではなかったけど)
花が見れるのも時間の問題かしら…笑いが止まらん。

DSCN2254.JPG
そしてこちらなんぞは下の方の樹皮が腐っているのに
こんなに根が出て葉も生き生きとしてるではありませんか!
植え替える時にそっと茎を持ったけどべろーんと剥がれてしまいました。

皮が剥がれた茎はまるでカルスのようにごつごつとしていて
しっかり水を吸い上げているようです。
こちらは何の挿し木だったか判らなくなりましたが
多分あの子?かな~

この挿し木は鹿沼土と小玉土に挿しましたが
つく時はつくんですね。

増やしても置く場所がないので結局実家行きなんですけど
母が喜ぶので持って行ってあげます。

真冬に挿したミニ薔薇がこんなに大きくなりました
4月の時の様子はこちら
蕾を取ってはいたのですがそろそろ咲かせてみようと思います


DSCN2078.JPG
同じ時期に挿したミニ薔薇のラブリーピンクも
実家に行っている時、水を張って
朝陽しか当たらない場所に置いておいたら
ぐんぐん伸びていました
もうこの鉢では小さいので涼しくなったら植え替えないと
ミニ薔薇は面白いように挿し木がつくし成長も早いですね
(後日談・・・実はこれ乙女の夢でした)


DSCN2072-1.jpg
先日ご紹介した地上部が枯れているけれど
根が張っていた挿し木から新芽が出てきました
新しい命が芽生えたようで愛おしくてたまりません
 
 
DSCN2074-1.jpg
こちらも小さな新芽が膨らみ始めました
ちゃんと生きているんですね


DSCN2075.JPG
こちらも自動水遣り機作戦が成功
新芽が元気に開きだしてます


DSCN2080.JPG
思い切って剪定をした枝がもったいなくてまたまた挿し木
この枝がついたらすぐに大きく成長しそうです
でもこれ以上挿し木を増やしたら置く所がないので
これから剪定する枝は捨てないと駄目ですね~

いつもは大苗の株元にブスブス挿すだけのが私流挿し木
成功したら儲け物くらいに思っているのが良いのですが…

6月に購入した新苗のニューウェーブは
接木かと思ったら挿し木苗だったのです

あまりに華奢でなかなか成長しないし心配になりました
最初は水差ししましたが保険をかける意味でも
ロックウールとルートンを使って挿し木することにしました
一緒に切り花、ミニ薔薇も挿し木しましたが切り花は惨敗でした

名前を書いておかなかったので種類によっても違うかもしれませんが
両端のは下に鹿沼土を敷いた紙ポットに入れた物
中央の2つはそのままロックウールだけの物
どちらも下から水を吸わせましたが成長に大差はなかったです

根が出るまで3週間近くかかったと思いますが
忙しくてすぐに植え替えてあげなかったので成長は遅いです

DSCN2020.JPG
枝が枯れているので駄目だと思ったら
こんなに根が張っている物もあります

DSCN2019.jpg
カルスがこんなに盛り上がっているので
挿し木用の土を入れた紙ポットに植え替えました
新芽が出て来てくれると良いのですが…

私の使っているのは自分でカットするロックウールなので
小さくカット出来てリーズナブル
失敗した枝のロックウールは捨ててしまったけれど
ばらして土に混ぜると土壌改良になったとか…失敗した~

DSCN2023.JPG
根が出た物はプラ鉢や紙ポットに植え替えて
根腐れさせない為にも水を溜めずに
自動水遣り機で水をあげる事にしました


DSCN2030.JPG
昨日は調子に乗ってこんなに挿してしまいました
最初から挿し木用土を入れた紙ポットに植えたので暫らくはこのままでOK
今回はちゃんと紙ポットに名前を書いておきましたよ
紙ポットが100均に売っている時代なんですね~
昔は輸入品だったから高かったのに

真夏の挿し木なんて根腐れして成功率低いのですが
水にはミリオンを入れたので根腐れ防止にはなると思います
今回はルートンは面倒なのでしませんでした
暑いので家の中で暫らく管理する事に(置き場所が…)

DSCN2003.JPG
そう言えばプラ鉢に挿しただけのこは
黄変した枝もあるけれどこんなに葉が青々しています
挿し木苗の適度な水管理が出来たようです
自動水やり機の有効利用かもしれません

明日から実家に行くので自動水やり機のノズルを20個に増設して
タンクの側に鉢を移動させました(疲れた~!)
留守番の息子に水の補給を頼みましたが
大丈夫かな~
娘と買い物に行ったら切花専門店で足が止まってしまいました。
家に帰れば薔薇はあるけれど、花はミニ薔薇しか咲いていないし
今週は仕事頑張ったから自分へプレゼントしても良いかなと。
お店の人に切りますか?と聞かれて「自分で切ります」と長いまま
持って帰りました。だって、挿し木したかったからもったいなくて

DSCN1403.JPG
いつもは土に挿して発砲スチロールで下から水を吸わせて
勝手に発根したらラッキーというかなりゆるい挿し木だったけど
今回は成功して欲しいと思いかなり慎重に。
品種名が書いていないから意外とつき易いかななんて。

ミリオンを入れて水を少な目に入れ、切り口がグラスの
底につかないようにアルミホイルに棘をひっかけました。
このやり方は以前、サフィニア等を増やす時に大成功したのですが
さてさて、切花用薔薇でも成功するかしら?

DSCN1382.JPG
ニューウェーブはこんなに細い新苗なので、保険をかけておきたいけど。
一緒に届いた新雪は既に1m位に伸びてしまいました。
掲示板で話題の「つるバラのすべて」を実家に置いてあるので
次回行った時に読み返してなんとかしないと。
 

駄目になったのもあるけれど、結構ついているようです。
やっぱりついたのはミニ薔薇が多いようです。
最近は品種登録しているミニ薔薇も増えたけどこれは違いますよ。

DSCN0818.jpg









これだけ、植え替えましたがまだ、根はちょっとしか
出ていませんでした。

暫らくは水を切らさないように気をつけないと。
63b91be0.JPG















挿し木をした枝から新芽が動き出しました。
と言う事は取り敢えず、根が出てきているという事でしょうか。
この時期の挿し木はなかなか根が出ないけれど
枯れてはいないので、このまま様子を見ます。
剪定をした時の枝がもったいなくて真冬なのに挿し木に挑戦。

DSCN0978_1.JPG








切り口にルートンの粉をつけてから
土に穴をあけて差し込みます。
暫らくは発泡スチロールの箱に水をはって
下から水を吸わせます。
水が凍らないように寒い日は捨てないとだめかもです。

本来は挿し木用の土とか赤玉土とかで挿すのですが、植え替えたりが
面倒なので、駄目もとで薔薇の土に挿しちゃいました。
梅雨時にこれをすると肥料等がカビて腐るので冬場だけに
しておいた方がよいかもしれません。

因みにイングリッシュローズは登録品種なので
挿し木は禁止されているそうです。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
貴方の気になる商品
最新CM
[11/13 music♪マカロン]
[11/13 みけ^^]
[08/25 music♪マカロン]
[08/25 kebe]
[08/22 music♪マカロン]
[08/22 ROUGE]
[07/15 music♪マカロン]
[07/14 kebe]
プロフィール
HN:
music♪マカロン
HP:
性別:
女性
職業:
トールペイント講師
趣味:
薔薇・紅茶・トールペイント

Copyright © 花のある生活 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]